貸し工場のお得な賃貸契約

工場は、借りるときに敷金や保証金、礼金などの初期費用が掛かりますが、同時に内装や設備設置などの設備投資費用が掛かります。


貸し工場といえども設備にかかる初期投資は購入の場合と同じようにかかる一方で、自己所有ではないので将来、移転するときにはかけた費用が回収できなくなる可能性があります。

そこで、貸し工場の物件を選ぶときに、以前のテナントが同業や類似業種など、既存設備が現状のまま使える工場があれば、初期投資を抑えることができて効果的です。

既存設備が現状のまま残置されている貸し工場を借りる場合は、賃貸契約で、将来自分が移転する際の原状回復義務も確認すると安心です。



移転する際に、持前のテナントが残置していた設備の撤去まで自分の負担になってしまうことがないか、原状回復は、借りた時の状態に回復すれば足りるかを確認しておきます。

なお、同業や類似業種の他社が借りていた工場は、既存設備などがそのまま使える可能性がある一方、元のテナントが移転した理由についても、可能な範囲で確認すると有効です。


もしも同業他社が事業に失敗した立地なら、物流コストや時間がかかるなど、自社が移転した後に同じ問題に直面することがないか、他山の石に学ぶことが大切です。

ロケットニュース24情報を調べるならこのサイトです。

前のテナントが、より良い立地に移転したり、自社工場を建設したような立地なら、縁起が良いだけでなく、事業経営に実利があった場所なので、自社にとっても躍進の拠点になり得る工場です。